スマートフォンサイトはこちら

IT組織活性化

メンタルヘルスとは?
メンタルヘルスとは医学的には「心の健康」。
企業で働く社員にとっては、複雑な人間関係や長時間労働などのストレスにより、心に不調をきたす事が増えているといわれています。
特にIT業界では、人とのコミュニケーションを得意とせず些細な事から精神疾患に至るケースが多く見受けられてきており、企業も何らかの対策を講じる必要に迫られているのが実態です。
心が受ける刺激は100人100通り。
ある人には当たり前の事であっても、他の人にはとても耐えられない事だったりするため、一律的な対処ができません。
それだけセンシティブに扱う必要があるということにもなります。

うつ病社員を作らないためには!?

社員をうつ病にしないためにどうすればいいか? 
抜本的な対策があるわけではありませんが、日々の上司と部下の関係を見直すことで、多少なりとも社員をうつ病から守る事ができそうです。
以下の行動パターンに、社員をうつ病から守るヒントを掴んでもらえればと思います。

■まずは自分の心を豊かに、柔軟に! 
特に45歳以降の年代の上司に多い、高度成長時代の会社へのひたすらな忠誠心や、体育会的な上下関係の押しつけの態度や発想は、職場では禁物になってきています。
ワーク・ライフのバランス感覚を持たない会社中心主義の中年管理職は、部下にも家族にも自らが大きなストレスになることに気がつかない事が多いようです。

■メンタルチェックを昼休みの軽い話題で! 
うつ病の予防の第一歩はストレスチェック。
最近はネットなどで簡単に無料でストレスチェックを行えるようになりましたが、世の中には100種類以上もあり、中には臨床心理的なチェックもあり職場で実施するには問題も。
昼休みの軽い話題の中から日々メンタルチェックを心がけたいものです。

■いつもと違う生活パターンに要注意! 
いわゆるケガ・事故のアクシデント、(無断)欠勤、アルコール問題の3つがそろう前に、項目の一つでも兆候をみたら個別面談を増やしてみるべき。
個人判断だけではなく場合によっては専門家の意見もきいてみる。

■遅刻と午前中の顔つきに注意! 

■うつ病のサインはまず気分や体調の不調感、睡眠障害などに現れるケースが多いとの事。 
うつ病は疲れから比較的寝付きはいいのだが、早朝に目が覚めてしまうクセがついたり、眠りが浅く途中で何度も起きてしまう、寝起きが悪くなりグズグズして遅刻してしまう、あるいは理由をつけてメール一本の連絡で欠勤をしてしまうなどの徴候が現れてくるようなので、日頃から関心を持って顔つきをみてみましょう。

■うつ病と診断されたら励ましてはいけない! 
このあたりがこの病気の難しいところです。ただ、うつ病も回復基調では自然に励ましてもいいケースもある。
症状によってむやみに励ましたりせず、また回復傾向に入ってきたら励ましても構わないようです。

■周りがあまり神経質にならない! 
うつ病の社員がでたら、腫れ物にさわるように上司や、同僚、家族など周りが必要以上に神経質にならないことも必要。
病人扱いせずに通常通りの対応をする事も病気を回復させる効果がある事も。

▲PAGETOP

社員をうつ病にする上司の行動を知る!

なぜ社員はうつ病になるの?
社員をうつ病にする行動とは?
何気ない上司の態度が知らず知らずに社員をうつ病に追い込んでいるかもしれません。以下の行動が全て結びつくとは限りませんが、少なからず影響があるといえるようです。あなたの会社の上司にあてはまるものがあるようなら、日頃から注意してみましょう。

■細かいミスばかり指摘して褒めない

■部下の相談を抱え込む 
相談しても適切な指示もなく問題を抱え込む
飲みに誘うだけで正面からコミュニケーションができない
責任逃れをする、話を聞いて一緒に困るだけ

■休みを取らない長時間残業に無頓着
朝早くから夜遅くまでいる。アフター5・休日を無視して会議する。

■部下の話が聴けない 
すぐに励ます、すぐに叱りつける、すぐに指示をする

■うつ病に無理解な発言
ウツになるなど心が弱い、気の持ちようだ、ウツは遺伝だ、
本人に問題がある、怖い病気だ、一生治らない(ウツは治せます)、
くせになるから薬は飲むな(医師に任せましょう)、うつ病にもともと関心がない

■プラス思考の話がやたらに好き

■怒りっぽい、すぐキレる

■新しい意見や新人を軽視して、異見・異聞を吸い上げない