スマートフォンサイトはこちら

IT企業の人材採用

企業が成長し、より生産性の高い集団や組織になるためには、より優秀な人材を確保することが不可欠です!
ということは、誰しもが分かっています。
しかし、現実問題として、なかなか中小企業では思うような人材を確保できません
その理由は、
「ウチは中小企業だから、優秀な人材は大企業に獲られてしまう」
「そもそも募集にかからない」
「採用を出しても入社しない」
など様々で、そのほとんどは確かにその通りです。

そこで、中小規模のIT企業にとって必要なことは、
いかに戦略的な人材採用をするか!!
をいかに真剣に考えることができるか、です。
「いま忙しいから人を採用しよう」を繰り返していては、企業の成長は望めません。

  • 中長期的に必要となる人員やそれに合わせた人材採用
  • 2~3年のうちに必要な人材採用
  • 目先から1年で、すぐに必要な人材採用

が必要ですし、会社の戦略に基づいた人材採用を考え、

  • どのような理由で、(戦略的人事)
  • どのようなタイミングで、(募集時期)
  • どのような告知をして、(媒体の選定)
  • どのような人材を(求める人物像)
  • どのくらいの期間働いて(雇用期間)
  • どのようになってもらいたいか(キャリアパス)

を組み立てなければなりません。

人材採用でのリスクは、企業だけにあるものではありません。
もちろん、被雇用者にも相当のリスクがあります。

是非、雇用ミスマッチを起こさず、効率的かつ最大の効果をもたらす人材採用を実現してください。

パート・アルバイトを採用する時の留意点

パートとアルバイトは法的には、パートタイム労働法でひとくくりにされています。
臨時社員もこれに含まれます。

しかし、現状においてはパートとアルバイトの意味合いや企業としての扱いは少々異なります
パートの場合、まず雇用形態が異なります。
また、労働時間が正社員よりも短いという以外は、正社員とほぼ同等の業務を行います
特に、出産・子育てが落ち着いて手のあいた主婦がパートで勤務するというかたちが多いです。
その期間も比較的長期にわたることが多いのが特徴です。
年齢的なことから、アルバイトよりも比較的「まじめ」な方が多いようです。

次にアルバイトの特徴ですが、本業とは別に副業としてやるといったかたちが多いようです。
労働期間はパートに比べ比較的短く、1日や1週間などのケースも少なくありません。
職種もパートとは異なり正社員の好まない仕事や、深夜業務なども多いです。
就労期間が短期のケースが多いので、専門的ノウハウの必要な仕事は少ないです。

IT企業の場合、どのように正社員以外の人材を募集するか、いかに低コストで高付加価値の仕事をするかが求められています。
法律的にはひとくくりにされていますが、パートやアルバイトの活用も戦略的に行う必要があります
アルバイト社員に関しては、特に若い方が大半を占めるため、「これから一人前になる」方がほとんどです。
優秀な正社員がなかなか採りづらい中小企業にとっては、アルバイト社員を戦略的に採用して、将来的な正社員化を視野に入れながら、「人材育成の場」としたり、「能力の見極めとしての試用期間」として、待遇や任せる仕事をコントロールすることがベストです。

パート社員の活用は、性別やその人の希望や能力によって様々ですが、一般的に結婚や出産・育児後の女性であれば、企業のバックオフィスか、一部正社員と同等の業務内容を与えると定着率は上がる、などと言われますが、
当然それは、その方の能力と希望にすべてよります。
パート社員の場合、既にIT企業での職務経験があったり、かなりのスキルを持っているケースも少なくありません。
そのような方に、パートだからと言って総務や経理、一般雑務などのバックオフィスを任せてしまうと、「これはやりたい仕事じゃない」と言って辞められてしまいます。
逆に、そのような方が「やりがい」を感じると、支給している賃金をはるかに上回るパフォーマンスを出してくれます
その点では、雇用側が「パートだから・・」「アルバイトだから・・」と業務を制限するのではなく、その人のパフォーマンスを最大限に引き出せる業務は何なのかをしっかりと見極めて、適職を与えるようにしなければなりません。
また、募集時・面接時に、そのようなパート・アルバイトを採用するようにしければならないのです。
その際のポイントや、その他雇用トラブルなどのご相談がありましたら、是非お声掛け下さい。
IT企業の人事に精通した社労士が対応させていただきます。

▲PAGETOP

外国人を採用する時の留意点

外国人労働者は、現在IT企業において様々な場面で活用されています。
欧米人はもとより近年では、アジア各国の外国人労働者が活躍し、IT業界におけるその役割は年々重要度を増しています。
以前のように、安い賃金で雇用ができるからという理由ではなく、現在は、システムエンジニア、プログラマ、ディレクターなど、高付加価値な業務での雇用が増えています。
そのため、外国人労働者を取り巻く労働環境も整備され始めています。
賃金の設定や、労働契約書の締結、賃金以外の労働環境に関する法規など、複雑さを増しています。
後々に従業員から声が上がったり、監督局から警告を受けるケースも多くなり、
まさに、「知らなかった・・・」では済まされない事情になっています。
IT企業が最低限押さえておくべき法律面でのポイントやその他の運営上のポイントについては、悩んだり調べる前に是非ご相談ください。