スマートフォン版に切り替える

topics

優秀な社員をつなぎとめる7つのヒント

やる気のない社員のモチベーションを高め、やる気を向上させようと考えるIT企業も多いのではないでしょうか。

目的意識や向上心の低い人の意識の社員を変えることは難しいのが現実です。

一方で、「優秀な社員に限って離職する」というお悩みを抱える企業も多くあり、優秀な社員が退職する原因は、仕事と報酬の連動がないことや、管理職の意識に原因があるケースがほとんどです。

多くの企業向け研修を手掛けるマーケティングコンサルタントの酒井氏によれば、優秀な社員が退職する原因として、以下の7点が挙げられています。

(1)優秀な社員にばかり業務が集中する

(2)管理職が個人的な関係を築かず、仕事以外のコミュニケーションがない

(3)良い仕事をして、いつも会社に貢献しているのに、評価を受けていない

(4)優秀な社員の成長を支援しない

(5)価値観を共有できない人材を採用し、誤った昇格人事を行う

(6)優秀な社員に裁量権を渡していない

(7)そもそも尊敬できない管理職の下で働いている

また優秀な人をつなぎとめるヒントとして以下の7点も挙げられています。

(1)人事評価制度を抜本的に見直し、フラットな組織に切り替える

(2)部下とは成功や問題も共有し、共に評価や問題の解決に取り組む

(3)良い仕事をしたら、その都度、最適な評価を行う

(4)能力開発の機会を定期的に提供したり、社内講師に起用したりする

(5)人材採用モデルをつくる

(6)自己管理ができる人材は、プロジェクトリーダーに抜擢する

(7)全方位評価を行い、組織風土の最適化を目指す

 180328i

IT企業でも、社員の構成や事業の目的が違うため、求める人材も違い、最適な人事評価制度は異なり、どの企業にも絶対的に当てはまる人事評価制度はありません。

だからこそ、自社に最適な人事評価制度の構築や管理職の意識改革をする必要があります。

弊社オフィシャルサイト

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー

http://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03