スマートフォン版に切り替える

topics

大手IT企業の年頭所感2020

各社代表の年頭所感によれば、デジタルトランスフォーメーションの取り組みが本格的になる一年と見ているようです。

 

アカマイ・テクノロジーズ社

5Gの商用化や世界的なスポーツの祭典などを控え、サイバー攻撃やストリーミング配信によるモバイル視聴の増加など予想され、分散型のエッジ処理がさらに重要になるだろう。サイバーセキュリティ意識の高まりや、ビジネスのデジタル化の加速、働き方の多様化などにより、企業のセキュリティ戦略は大転換を迫られている。

 

シスコシステムズ社

「東京2020」を迎え、日本のデジタル変革はますます本格化し、東京オリンピック・パラリンピックは、史上最もデジタル化された大会となる。そして、5G、自動運転車など、日本のさまざまな社会イノベーションが現実のものとして始まる。

 

シトリックス・システムズ・ジャパン社

今後はテクノロジー中心ではなく個人がどのように働きたいかに焦点を合わせ、その人に合わせた環境が提供される「人々中心のコンピューティング」に移行していく。2020年は働き方をより一層変えるチャンス。推奨されるテレワークを契機に、多くの人がそのメリットに気づく年になるだろう。その変化を一時的なものでなく、長期的に経営に貢献できるソリューションを提供する。

 

デル テクノロジーズ社

この1年はデジタル変革への取り組みが一層進み、先進テクノロジーの活用形態も5Gの実用化、エッジコンピューティングやマルチクラウドの進展が予測される。引き続き4つの変革(IT/アプリケーション/働き方/セキュリティ)を中核に据え事業を推進していく。お客さまの変革に貢献する真のパートナーを目指し、お客さまとともにより具体的に前進していく。

 

日本IBM社

さらに多くの企業がデジタル変革を推進し、そのスピードも加速すると見込まれる。加えて、深刻化する社会課題、目まぐるしく変わる世界情勢、新たな規制などの経営環境の変化に柔軟に対応していくことも重要になる。お客さまを取り巻く環境と課題を深く理解し、真剣に向き合い、解決策や新たな技術の活用を共創していく。

 

日本マイクロソフト社

2020年は日本にとって将来の成長に向けて節目の年。国際社会からもさらに注目され、政府による「Society 5.0」の推進、「2025年の崖」の課題に対しての取り組み、デジタル技術を活用した政策も拡大される。こういった中で、さまざまな業種・業態・規模のお客さまでデジタル変革がいよいよ本格化すると考えている。

レッドハット社

2020年は、新たなビジネスやサービスへのテクノロジー面からの支援に注力すると同時に、「2025年の崖」などの課題克服を実現すべく、「キーテクノロジーの更なる浸透でオープンハイブリッドクラウドのデファクトを目指す」「デジタル変革を推進する人材育成の支援」「パートナー企業とのオープンハイブリッドクラウド実現に向けた協業強化」の3領域を中心にお客さまのデジタル変革のさらなる推進に貢献していく。

SAPジャパン社

2019年は「次世代企業ITアーキテクチャーとしてのインテリジェントエンタープライズの普及」「日本型デジタル変革のフレームワーク作り」「協働イノベーション」の3つを重点テーマに、日本企業の真の競争力の強化に取り組んできた。2020年は具体的な成果創出に注力し、日本企業のデータドリブン経営への変革を支援していく。

 200108

働き方改革・HRTechの活用においても、2020年は自動化・統合のフェーズから、本質的な人材活用や生産性向上のためのチームマネジメントなどのエンゲージメント・エンパワーメントを高めるフェーズⅡに入っていくと言われています。

 

教えて!クラウド先生!

https://www.it-jinji.net/business/cloud-teacher