スマートフォン版に切り替える

IPO Report

IPOを目指すIT企業向け人事労務レポート
IT企業が押えるべき人事労務の20項目

IPOを目指すIT企業向け人事労務レポート
IT企業が押えるべき人事労務の20項目とは?

当社がIPOサポートする際に多く挙げれる「生の事例」に基づいたレポートです。
IPOに向けた人事労務ロードマップ、各フェーズの人事労務に関する想定課題と解決策、IPO時に課題となる最重要9項目、IPOを目指す企業が押さえるべき人事労務の20項目等を公開しております。

社会保険労務士法人スマイング

1999年開業。「企業と人に元気と笑顔を!」を経営理念とし、元SEとしての業界経験を活かし、IT業界に特化した人事労務サービスで企業を支援。IPO(株式公開)向け労務デューデリや人事労務対策支援にも注力し、監査法人や証券会社と企業間のコーディネーターの役割も担っている。
2018年よりクラウドサービスを活用した人事労務サービスで業務効率化を図ったり、クラウドサービス導入時の困ったを解決する「教えて!クラウド先生!®(商標登録済み)」サービスを展開。2018年10月のマネーフォワード社主催のMFクラウドExpoではクラウドサービスの活用により革新的なバックオフィスを実現している企業として「クラウドサービスアワード2018優秀賞」。さらに「クラウドサービスアワード2018大賞」を受賞。

IPOを目指すIT企業向け人事労務レポートの内容を少しだけご紹介

IPOに向けた人事労務ロードマップ

直前々期以前(N-3期)に人事労務監査により状況を可視化し、直前々期(N-2期)から直前期(N-1期)では、整備や運用を進める必要がある。

各フェーズの人事労務に関する想定課題と解決策

各フェーズごとに課題が異なっており、直前々期(N-2期)から直前期(N-1期)になると優先順位の判断が難しくなる傾向がある。

IPOを目指す企業が押さえるべき人事労務の20項目

押さえないといけない項目を大きく20項目あり、網羅的に改善を進める必要がある。レポートでは、各項目ごとの詳細を記載しています。

IPOを目指すIT企業向け人事労務レポートを
無料でダウンロード

簡単
30秒
無料ダウンロードはこちらから

公開期間:2021年10月31日

※個人名義の方、競合他社のダウンロードはお断りする場合がございますのでご了承ください

会社名必須
部署名
お名前必須
メール必須
電話番号必須