スマートフォン版に切り替える

topics

就活生に人気のIT企業ランキング

楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」による、2020年卒業予定の学生を対象にし、「仕事の魅力」「会社の魅力」「雇用の魅力」「採用活動の魅力」「志望職種」の5つの観点から人気度を測った「IT業界新卒就職人気企業ランキング」が発表されました。

1位はNTTデータで10年連続トップ、安定した雇用形態や充実した福利厚生が人気につながっています。

2位は楽天、3位は富士通、4位はGoogle、5位はSCSKと、トップ5は昨年と同じ企業が占め、トップ10には楽天やGoogleのほか、ヤフー(6位)、LINE(9位)など大手Webサービス企業がランクインしており、売り手市場が続く中、社名やサービスの知名度が高い企業に人気が集まっています。

Sky(12位)やTIS(15位)などのシステムインテグレーターも堅調。「成長性がある」「専門スキルが身に付きそう」などの理由で学生の支持を集めています。

みん就によると、Webサービス企業やシステムインテグレーターは研究で忙しい理系学生に配慮した採用活動を行っていることが多く、企業理解促進に向けた取り組みや、多様な選考方法などが人気につながっていると述べております。

また、アマゾン傘下のクラウドベンダーであるアマゾン ウェブ サービス ジャパンも19位から16位にランクアップし、起業志向や海外勤務志向のある学生、プログラマー志望の学生から人気を集めています。

 190515

みん就の分析にもありますが、企業理解促進に向けた取り組みや、多様な選考方法などを検討してもいいのかもしれません。

弊社オフィシャルサイト

人材育成から定着率向上につながる人事評価制度

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

IT人材を中心に雇用の流動化進む

総務省の労働力調査によると、2018年の転職者数は2017年比5.8%増の329万人と8年連続で増え、20008年のリーマン・ショックによるリストラ増加の影響以来10年ぶりの高水準となり、国内で雇用の流動化が徐々に進んでいることが明らかになりました。

企業がIT人材を補充するなど、賃金面で好条件を提示し中途採用を増やしている。自動車や電機など製造業でも即戦力を確保する動きが広がっています。

リクルートキャリア社によると、転職後に賃金が10%以上高くなった人は2018年度に約30%と年度ベースで初めて3割を超え、より高い収入を狙って転職する人が増えています。

年功序列型の賃金体系が変化してきており、転職の年齢層にも変化が出ています。転職者を年代別にみると、2008年は34歳までの若年層が全転職者の52%を占めていたが、2018年は若年層が43%まで低下し、45歳以上の中高年層が38%と11ポイント増えています。

ITベンチャー企業を中心に、新卒など若年層の給料を上げる一方、中高年の給料の伸びを抑える企業も増えて来ており、「中高年が会社で長く働く理由が薄れてきた」と野村証券は分析しています。

 190508

人手不足による人材争奪を背景に、賃金体系含めた人事制度の見直しを検討するIT企業が増えています。

弊社オフィシャルサイト

人材育成から定着率向上につながる人事評価制度

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

日本マイクロソフト社、週休3日制に挑戦

日本マイクロソフト社は、自社実践プロジェクトとして「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」を2019年8月に実施すると発表しました。

同プロジェクトでは、8月の全ての金曜日(2日、9日、16日、23日、30日)を休業とし、オフィスを閉めて同社2300人ほどが特別有給休暇を取得するというものです。

働き方改革法の施行に伴い、企業では多様な働き方を模索する動きが活発化しているが、同社は2007年に在宅勤務制度を整備し、2011年から働き方改革を本格的に推進するなど、先行して取り組んできたリーディングカンパニーといえます。

同社が現在推進しているのが、仕事と私生活のバランスを主体的に設定する「ワークライフバランス」という考え方をさらに一歩進め、社員一人一人が仕事と生活の状況に応じた働き方を自ら選択できる環境を用意することで個人の生産性と創造性を向上できるという「ワークライフチョイス」です。

「社員それぞれのライフステージで求めるものは変わる。とにかく働きたいと思う時期もあれば、スキルを磨くことや社会貢献をしたいと思う人も、子育てに時間を割きたい人もいる。求めるものが移り変わる中で一律に同じ仕事のやり方をするのはおかしい。生きがいを感じ、主体性を持って仕事に取り組める環境が創造性を生む」と同社社長は述べています。

このため「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」では、単純に週休3日のトライアルというだけでなく、休日に行われる自己学習や社会貢献活動、私生活を充実させるための費用を最大10万円程度支援し、異文化業種体験や社会貢献活動の紹介なども行い、コミュニケーションやツールの使い方を見直し、より多くの責任を個人に与え、別のやり方を生み出す発想力を高める必要があるため、短い時間で働き、よく休み、よく学ぶことで、生産性や創造性の向上を目指していく予定です。

なお、同プロジェクトはさまざまな項目で効果測定を行い、今後の働き方改革にフィードバックする他、2020年の8月も同様に実践プロジェクトを実施する予定としています。

 190424

週休3日制は、ファーストリテイリング社や、ヤフー社、佐川急便社などの大手企業で、多様な働き方を実現するための選択肢の一つとして、変形労働制の導入等で導入が始まっています。

柔軟な働き方を認めることで、個人が最大限に能力を発揮できる環境や制度を作っていくことも一考です。

弊社オフィシャルサイト

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

5月病にも、セルフ・コンパッション

2019年5月号のハーバードビジネスレビューにて、「セルフ・コンパッション」について特集されました。特集の背景には、日常的なストレス環境があり、近年、Google社など米国の先進企業で導入されている「マインドフルネス」と密接に関連する考え方を論じています。

セルフ・コンパッションとは、あるがままの自分を認め、自分に対して寛容になる態度のことであり、クリスティン・ネフ博士は、セルフ・コンパッションを構成している要素は次の3つであるとしています。

1.自分への優しさ(他人に接する時のように、自分にも思いやりを持って優しい態度をとること。)

2.一般的な人間性(自分は周囲の人間関係の中で生きているという自覚。誰もが時には失敗するという認識。)

3.マインドフルネス(今の経験に対してイライラしたり、不安な気持ちに捉われて判断し行動することをせず、まず今の自分の感情や思考を受け入れ、そこに気づく態度。)

セルフ・コンパッションを高めるには、自分の思考や感情に向き合い、それを優しく受け止めつつ励ましていくことが有効です。以下は、高める方法の例です。

・失敗した体験等を茶色のカードに書き、それに対する優しい言葉や励ましをカラフルなカードに書いて持ち歩く

・片方の手首にゴムバンドをつけて置き、自己を批判する思考になった際に、もう片方の手首に付け替えるなど、きっかけを作る動作を決めておく

・心の中に、架空の優しいキャラを作り出し、感情を受け止め、励ましてもらう

・常に自分に優しくできるフレーズを用意しておく

・日記をつける

 190417

GWは10連休というIT企業も多いのではないでしょうか。セルフ・コンパッションを高めることは「5月病」や「うつ病」にも有効です。

職場で社員の自己肯定感(自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられること)を高めるには、「相手を認めて承認すること」も効果的です。

弊社オフィシャルサイト

承認によって社員が「働きたくなる会社」にしませんか

https://www.nari-sr.net/index.php?url=media/seminar/20160412

2019年のIT業界の5つの話題、人事労務における話題

米ZDNetの記者4人が協力して、2019年のIT業界の主要テーマと繰り返し話題になると予想されるテーマについて、リストアップがされました。

1.Appleはピークを過ぎようとしている

2.AIやアルゴリズムに対する反感が高まる

3.2019年には5Gは大きな話題になるが、本格的な普及は2020年になる

4.ハイブリッドインフラの普及で、ハイブリッドなアプリケーション戦略が重要になる

5.ブロックチェーンは本物か?

 190410

人事労務の観点では、2019年4月から働き方改革法が施行され、「長時間労働の上限規制」や「年次有給休暇の5日間の取得義務化」が大きく取り上げられています。2020年に向けて、中小企業でも「長時間労働の上限規制」が始まり、大企業においては「同一労働同一賃金」が施行され、「職場でのパワーハラスメント防止策の義務化」も施行される見通しです。

 

実際にハラスメントに関する研修のご依頼や労務相談は増えています。

IT業界は、エンジニア争奪戦の影響もあり、給与制度含む人事制度の見直しのご依頼が増えております。

同一労働同一賃金の観点から、正社員だけではなく、非正規社員に対する賞与や各種手当の支給について合理的なルールを検討する必要もあります。

 

また、東京オリンピックを鑑みて、テレワークやボランティア休暇などについて、ルールや規程化のご相談も増えて来ています。

 

顧問社労士がITに詳しくなく、お困りのIT企業様はぜひ当事務所にご相談ください。

元SEである代表をはじめとして、社会保険労務士法人スマイングはIT企業様と同じ目線でサポートしています。

セカンド顧問社労士をお探しの方へ

https://www.it-jinji.net/guide/to-looking-adviser/