スマートフォン版に切り替える

topics

データサイエンティスト 需要は高いが確保が困難

データサイエンティスト協会が実施した従業員30人以上国内企業を対象に、データサイエンティストの採用に関する調査結果によると、データサイエンティストが在籍している企業は回答企業の約3割ということがわかりました。

また、データサイエンティストを増員予定の企業のうち41%がデータによるビジネス課題解決を得意とする人材を最も求めていること、企業需要は高まっているものの、採用予定企業の約6割が目標としていた人数を確保できていないことも明らかになりました。

データサイエンティストの在籍者数をたずねたところ、1人以上在籍している企業は全体の29%、在籍者数としては、1~2人の企業が22%、3~5人が26%、6〜10 人が22%となります。

また、増員を予定している企業に対して今後3年間で採用・育成したいデータサイエンティストの具体的な人材像についてたずねた結果、「データによるビジネス課題解決を得意とする人材」答えた企業が最も多く、ビジネス課題の解決がスキルとして最も重視されていることわかりました。次いで、「複数の分野を俯瞰(ふかん)的に見てデータ分析の活用を戦略的に考えられる人材」と答えたと答えた企業が多く、同協会では、求める人材の能力にはビジネスの視点に限らず、統計的な知識やデータハンドリングの技術なども過半数以上の企業が回答しており、非常に幅広い能力が求められているとしています。

一方で、この1年間で新たにデータサイエンティストを採用予定だった企業に対し、目標としていた人数を確保できたかをたずね結果、「確保できなかった」「どちらかといえば確保できなかった」を合わせると58%が目標人数を確保できなかったこと、今後3年間の増員予定をたずねたところ、データサイエンティストの在籍企業では77%が増員予定と回答し、現在データサイエンティストがいない企業でも 11%は新規獲得を予定していることがわかりました。

同協会では、現状でも満足にデータサイエンティストを確保てきていない状況があり、需給のギャップを埋めていくことが今後の大きな課題であることが分かったとしています。

 200422

新型コロナウィルスの影響を受けないIT企業では、データサイエンティストだけではなく優秀なIT人材の採用・確保のために人事制度を見直す企業も増えております。

弊社オフィシャルサイト

IT業界向け!実践経験豊富な専門家が語る!

テレワークにも欠かせない人事評価の仕組みづくり

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

リモートワーク長期化による重大なケース

新型コロナウイルスの感染拡大で、在宅勤務に切り替える人が増えていますが、産業医で精神科医の渡辺氏によれば、「産業医現場の実感として、リモートワークにフィットにできた方が7割。世界的危機にも負けず、オンライン効率化を加速させてうまく乗り越えています。しかし残りの3割の方は仕事もプライベートも崩壊して苦しんでいるようです。特に“バリキャリ”の子育て女性はメンタルを崩しがちで、注意が必要です」と述べています。

リモートワークなら、コロナ感染のリスクを抑えられ、通勤時間のストレスもない。会議もビデオチャットで済ませられ、ビデオチャットで「オンライン飲み会」をすればストレスも発散できるように思われますが、渡辺氏のもとには次のような声も届いているようです。こうした、仕事環境の変化による働きづらさが原因のストレスが今後も積み重っていくと、イライラがもとで家族間のトラブルになったり、心身が不調になったりするリスクもあります。

「在宅勤務でテレビ会議する際、“画像OFF・音声のみ”の設定の人が多いチームだと、表情が読み取れずコミュニケーションに不安を感じた。社内の会議でこの意見が多かった」「ソフトウエア開発などのチームが使う会社のパソコンは持ち帰りができないので、出社しないと仕事にならない。午前リモート、午後出社としているがメリットは少ない」「在宅でのテレビ会議が午前中に3つも入ると、もう自分の作業は何もできない。気付くと自宅で残業することになっていた」

リモートワークで「人生が狂ってしまう」5つの重大ケース

1.夫婦の不和・離婚・DVの危険

2.独身者が自堕落な生活で心身に不調をきたしやすい

3.バリキャリ女性は仕事環境の変化に弱い

4.マジメで有能な「人事部」社員が危ない

5.メンタルがもともと弱い社員は「パニック状態」

業績急降下で産業医を解雇する動きが出てきており、業績悪化を理由に社員のメンタルヘルスをフォローする産業医を置かない企業が増えれば、リモートワークで病む社員もますます増えてしまう可能性があります。

 200415

ネット上では「コロナ鬱」という言葉も見かけるようになりました。

リモートワーク時には、労働時間の管理体制やICT環境の整備、セキュリティ対策の他にも、コミュニケーションの方法など、メンタル不調の対策も検討する必要がありそます。

弊社オフィシャルサイト

人材育成から定着率向上につながる人事評価制度

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

在宅勤務への移行がサイバー攻撃につながる恐れ

緊急事態宣言により、多くの企業が在宅勤務で働くことになりました。

このため、ノートPCやウェブカメラなどの機材を急いで購入することになり、わずか数日間で従業員が自宅で働ける環境を整えなければならないケースも多く、あらゆる規模の企業が、ハードウェアの調達に奔走しただけでなく、新しいソフトウェアやツールを購入し、チームのつながりを維持するための方法を見つけなければならないことになります。

 

慣れないソフトウェアを使う従業員は、設定を間違い、情報漏えいが起こりかねない弱点を作る可能性や、古い自宅のノートPCを使わざるを得なかった従業員は、最新の機器を使っている場合に比べて、データが安全ではないことに気づくなど、テレワークを行う際でも、セキュリティへの配慮は重要になります。

 

この2カ月、新型コロナウイルス関連のマルウェアやフィッシング詐欺の数は増加しており、自宅で作業をする際の主なコミュニケーション手段を電子メールに頼っている場合、経営幹部等になりすまし、従業員をだまして自分の口座に送金させるビジネスメール詐欺(BEC)の攻撃対象になる可能性や、ランサムウェアを使う攻撃グループは、企業のネットワークに侵入して、データを暗号化することで金銭を得る攻撃の手を休めていないため、家庭内の状況と仕事をうまく管理しようと苦戦しながら自宅で働く従業員は不注意になりやすく、普段であれば引っかからないようなトリックに引っかかる可能性もあります。

 

欧州刑事警察機構は「非常に多くの人が自宅で遠隔勤務を行っているが、利用しているセキュリティシステムが時代遅れになっていることも多い。サイバー犯罪者はこの夢のような状況を嬉々として悪用し、犯罪活動を普段以上に活発化させるだろう」と警告しています。

 

戦略研究が専門のジョンホプキンス大学高等国際関係大学院教授、Thomas Rid氏は、「新型コロナウイルス感染症は、恐るべき情報収集のチャンスを生み出しており、今も生み出し続けている」 「このウイルスはどの分野でも、企業か政府かを問わずあらゆる組織で、前例のない数のリーダーやマネージャーを在宅勤務に追い込んでいる。当然ながら、機密性を必要とする会議はなくなっていない。それらの会議は新しいプラットフォームに移った」とツイートしています。

 

企業は状況によってどんなコミュニケーションツールが適切かを考える必要があり、管理職等は、自分のチームが使っているツールのセキュリティに対する影響と、設定について理解している人間がいることを確認し、部下にはリスクと問題が起きた場合の影響を理解させる必要があります。

 200408

テレワーク・在宅勤務の導入には、労働時間の管理体制や人事評価などのルール作り、ICT環境の整備、セキュリティ対策が必要になります。

教えて!クラウド先生!

https://www.it-jinji.net/business/cloud-teacher/

Chatwork社主催のテレワークカンファレンスでの登壇日決定

ビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatwork社が、SaaS(Software as a Service)ベンダー9社が一堂に会す「テレワークオンライン展示会」を開催いたします。

当社は、4月1日13時10分から「テレワークで考えるべきバックオフィス業務について」というテーマでの登壇が決定いたしました。

詳しくはコチラ
https://mpages.chatwork.com/Telework_conference_v2.html

Chatwork社主催のテレワークカンファレンスについて

ビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatwork社が、SaaS(Software as a Service)ベンダー9社が一堂に会す「テレワークオンライン展示会」を開催いたします。当社は、参加協賛企業として参画していますが、参加日時が決定しましたら改めて日程を発信いたします。

この企画では、展示会に加え、「テレワークカンファレンス」や、「テレワークお役立ち資料集」「テレワークお役立ちツール集」を無料で公開いたします。

詳しくはコチラ
https://mpages.chatwork.com/Telework_web_exhibition.html