スマートフォン版に切り替える

topics

IT技術者の睡眠時間、月27時間不足

ベッドのオンライン販売を手掛けるBedstar社による英国の成人2500人を対象とした調査によると、毎月32.3時間もの睡眠が不足していました。。

睡眠習慣に関するこの調査では、業界別では、テクノロジ業界に従事する平均的な社員は、月27時間も睡眠が不足していることを示していました。医療業界が最も多く月42.4時間、公共サービス分野の業界が最も少ない月21.6時間となります。

National Sleep Foundationによると、「睡眠負債」とは「その人にとって必要な睡眠量と、実際の睡眠量の差」と表現されています。

また、睡眠不足の人の31.8%が週末に寝だめをすることで、睡眠負債を返済していることが明らかになっており、睡眠不足を認識していることも示唆されており、どうして十分な睡眠が取れないのだろうかについての調査によると、4人に3人が夜眠りにつくときに苦労していると回答しており、睡眠まで平均54分を要しています。

また、約11%の回答者が夜中にカフェイン飲料を飲んでおり、約30%が就寝直前に携帯電話を利用していることを明らかになっています。

一部の専門家は長期の睡眠負債を返済する方法がないと主張しており、できる限り最も健康的な生活を送るためには、十分な休息を取れるように習慣を変えることを推奨し、規則正しい睡眠習慣を守り、特に就寝前のカフェインやアルコールを避け、毎日運動をするようアドバイスし、眠りにつく前の少なくとも1時間前には電子機器の電源を切り、寝室に持ち込まないようにすることを勧めています。

睡眠は、心身の健康を維持するうえで欠かせない要素の1つであり、社員の生産性や集中力にも影響を与えます。

 190116

厚労省の「国民健康・栄養調査」によれば、一般的な社員の睡眠の調査結果に比べて、エンジニアの睡眠時間の短く、相当深刻な寝不足状態であることも明らかになっています。

シエスタ制度の導入などや仮眠を認める制度を導入し、生産性の向上や柔軟な働き方を推進するIT企業も増えております。

弊社オフィシャルサイト

会社を守る就業規則

https://www.nari-sr.net/business/rulebook

SCSK社 国内大手委IT企業で初めて、副業を全面解禁

SCSK社が、国内大手IT企業で初めて、副業を届出制で全面解禁する制度を2019年1月から開始しており、同社社員からの注目度も高く、その成否は国内大手IT企業各社の人事戦略に影響を与るかもしれません。

 

同社が導入する副業・兼業制度「スマートワーク・プラス」は、SCSK社の社員が業務時間外に社外の業務に就いて報酬を得る「副業」と、業界を問わず他社で働く人がSCSK社でも働く「兼業」を認める制度になり、特に「副業」の容認によって、人材の育成や、複数のキャリアを並行するパラレルキャリア志向の人材の獲得や引き留めにつなげる狙いがあります。

 

同社人事企画部課長によれば、「社員が会社に無届けで副業するケースが増えると本人だけでなく会社に影響するリスクが大きくなる。副業を制度として設け、きちんと管理すればリスクを最小化できると判断した」「転職する人は今でもいる。そもそも流出リスクを減らすためには『働きたい企業』としての魅力を高める努力が先にあるべきではないか」と述べ、むしろベンチャー企業など柔軟な働き方を選べるIT企業にパラレルキャリア志向の人材が流れてしまうリスクを重く見ています。

 

他社の人材にSCSKで働いてもらう「兼業」については、「当社のアドバイザーとして業界の第一人者に部分的に勤務してもらうの形態を想定し、専門人材を追加で雇いたいという現場の要望の受け皿になると見込んでいます。

 

「スマートワーク・プラス」のポイント

目的・趣旨

・人材育成、イノベーション創出、リソース維持と拡大

・社員と会社の成長のため

事業影響

・会社の事業に悪影響を及ぼさない

・社員には本業に専念する義務がある

届出・許可

・原則届出制だが、同業の場合は許可制

・同業他社でのの場合、上司のみでは却下できないようにする

・客先常駐の社員の場合、常駐先の契約に反する場合は許可しない

健康管理

・副業含めた通産次官に36協定の基準を準用して管理

・社員にが副業での業務時間を申告してもらい、

本来の業務の残業時間と合わせて管理する方針

禁止事項

・誓約書にて会社の名誉、信用、利益、試算など毀損、

営業機密の漏洩、公序良俗に反することなどの禁止

是正・停止命令

・従事する内容が基準に抵触すると会社が判断した場合

上司留意事項

・上司は、副業の内容や頻度を把握し、パフォーマンスの維持や

 健康管理に留意する

・副業の事実を評価に考慮しない

 

副業を認めていない企業には「魅力を感じない」と答えた人は約8割という調査結果もあります。

副業に関する規程を設ける企業もありますので、ルール作りに併せて就業規則を見直されてはいかがでしょうか。

 190109

弊社オフィシャルサイト

会社を守る就業規則

https://www.nari-sr.net/business/rulebook

プログラミング言語別の市場動向

人材サービスなどを提供するリブセンス社が運営するITエンジニア限定の競争入札型転職サイト「転職ドラフト」で2018年に行われた指名(スカウト)6536件を対象に、現場で使われているプログラミング言語の経験者人数、スカウトに対する提示年収についての平均値を集計し、2018年のプログラミング言語別の市場動向が明らかになりました。

最もスカウトが多かったプログラム言語のトップ5は以下となります。

1位 JavaScript(510件)

2位 Java(411件)

3位 PHP(384件)

4位 Ruby(294件)

5位 Node.js(238件)

プログラミング言語ごとのエンジニアのスカウト金額に関しては、トップ3は以下となります。

1位 Scala(678万円)

2位 Go(667万円)

3位 Perl(663万円)

Scalaは開発生産性を高める簡潔な表記が可能で、TwitterやLinkedInなどのサービスでも利用されています。ScalaやGoを習得している現場のエンジニアはまだ少なく、今後も年収が高まる傾向にあると分析されています。

下記、2017年8月のビズリーチ社の調査による「プログラミング言語別平均年収」となります。

ランキング

言語

日本の平均年収

アメリカの平均年収

1

Scala

626万円

1,262万円

2

Python

601万円

980万円

3

Kotlin

577万円

-

4

Swift

562万円

-

5

Ruby

562万円

918万円

 181226

エンジニアのスキルの評価や、会社からの指示でエンジニアを定量的に評価するように指示をされて困っている人事担当者の話も耳にします。

定性的な人物評価やスキルの評価と育成制度も検討してもいいのかもしれません。

弊社オフィシャルサイト

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー

http://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

【講演情報】労務改善から始める働き方改革セミナー ~まとめて解決!今すぐ始められる最新ツールのご紹介~

2019年1月24日に開催される、ワウテック株式会社様、株式会社SmartHR様、株式会社ヒューマンテクノロジーズ様主催の

労務改善から始める働き方改革セミナー ~まとめて解決!今すぐ始められる最新ツールのご紹介~」に弊社代表の成澤が基調講演の講師として登壇し、「働き方の新しいスタイル~時間よりも成果で給与が変わる時代へ~」というテーマで講演をいたします。

セミナーTOP

 

このセミナーでは、企業が行う社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供している株式会社SmartHR様、クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME(キングオブタイム)」を提供している株式会社ヒューマンテクノロジーズ様、“リピート率99%の満足度”を誇るビジネスチャットツール「WowTalk(ワウトーク)」を提供しているワウテック株式会社様の3社様が、労務改善から働き方改革を推進していきたいという思いで一堂に会しております。ITサービスの導入に高いハードルを感じ、社内の情報共有を掲示板やメールで実施、勤怠管理をタイムカードで実施されている企業様にも、『ここまで改善できるのか!』と感じられるようなセミナーとなっております。

弊社も「教えて!クラウド先生!®」という貴社にあったクラウドサービスの導入をサポートする事業を展開していく中で、どのサービスが自社に最も適しているのかわからないというお声を多く頂いてきたので、中小企業のIT導入のハードルの高さは日々感じております。ぜひ本セミナーにご参加いただき、その悩みを少しでも解決していただけますと幸いです。

本セミナーは無料となっておりますが、定員がありますのでご興味を少しでも持たれた方はぜひお気軽にお申し込みくださいませ。
申し込みはコチラ

 

また、当日のタイムスケジュールは下記のようになっております。

  • 15:15 ~ 15:20 ご挨拶、プロローグ
  • 15:20 ~ 16:00 (40分)基調講演(来年4月!いよいよ始まる働き方改革 働き方の新しいスタイル~時間よりも成果で給与が変わる時代へ)
  • 16:05 ~ 16:25 (20分)1部 株式会社SmartHR(人事改革の第一歩。「SmartHR」の活用方法から紐解く労務効率化)
  • 16:30 ~ 16:50 (20分)2部 株式会社ヒューマンテクノロジーズ(「KING OF TIME」でスマートな働き方改革の第一歩へ)
  • 16:55 ~ 16:15 (20分)3部 ワウテック株式会社(社内コミュニケーションから考える従業員エンゲージメントの向上)
  • 17:15 ~ 17:40 (25分)個別相談会

詳細は、セミナーページをご覧ください。→コチラ

IT人材の求人ニーズ、企業のアピールポイント

検索エンジン「スタンバイ」などを運営するビズリーチ社は、求人情報サイトや企業の求人ページ、ハローワークなどに掲載されている正社員求人とパート・アルバイト求人を対象に、求人のタイトルに含まれる単語のうち前年から急増した単語の調査結果を発表しました。

正社員求人では「飲食」(4.18倍)が1位となり、「料理」(3.92倍)と続き、パート・アルバイト求人でも「厨房」(7.57倍)がトップになり、飲食店における人手不足の深刻化がうかがえる結果となっています。

正社員求人では「コンサルタント」(2.54倍)、「コンサルティング」(2.20倍)も上位にランクインしており、「デジタル化コンサルティング」「ITコンサルタント」「IoT(モノのインターネット)推進」「AI(人工知能)導入」「サイバーセキュリティコンサルタント」などの単語も多く見られたことからビズリーチ社は「企業のデジタル化に関わるコンサルティング需要がけん引し、求人ニーズが高まっていると思われる」と分析しており、IT人材の求人ニーズが高まっています。

正社員求人とパート・アルバイト求人ではともに「福利」「厚生」「制度」「充実」「週休」「賞与」といった単語が多くランクインしていたことから、福利厚生や制度の充実をアピールすることで求職者に選んでもらおうとする企業の姿勢が見て取れます。

特に正社員求人では「安定」「東証」「大手」「上場」などの単語が急増しており、売り手市場の中、求職者の目に留まりやすいよう「大手企業で安定している」ことをアピールする企業が増えているようです。

 181219

調査結果から、IT人材の採用競争が激化しており、福利厚生や制度の充実をアピールして採用力の向上を図っている企業が多いようです。実際に採用力の向上のために、テレワークの制度の整備や休み方の制度、処遇の改善に取り組みIT企業は増えてきております。

弊社オフィシャルサイト

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー

http://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03