スマートフォン版に切り替える

topics

ITエンジニア600人のストレスチェック実態調査

IT業界は多重請負構造型での就労が多いとされ、メンタルヘルスの問題や過重労働問題にもつながりやすく、ストレスの多い職場といわれてきました。

 

2015年12月から施行されたストレスチェック制度に関連して、iSRF (ITスキル研究フォーラム)が国内で就業するITエンジニアを対象にストレスに関する実態を調査した結果が出ました。

 

調査の詳細は、厚生労働省が定めた57のストレスチェック項目調査票のほか、ストレス耐性(自己肯定感、感情安定度、自己開放度)、生活習慣、モチベーション、パーソナリティーなどが含まれています。

 

調査結果から、ITエンジニアについての顕著な傾向がみられました。

・対人関係よりも、作業結果(仕事の質と量)にストレスを感じている

・ストレス反応として、「疲労感」が約40%と非常に高い割合を占めている

・仕事の負担が多く同僚からのサポートがないと、過半数以上が感じている。

・高ストレス者なる割合は、通常の2倍である

・ストレス耐性が低い傾向がある

・ベテラン(40歳以上)ほど、リラックスしにくく感情が不安定になりやすい

 

過度なストレスは、心と身体に影響を及ぼし、心の病気につながりやすいとされます。

 

今回制定されたストレスチェック制度の目的は、メンタルヘルス不調者のあぶり出しではなく、未然に予防することです。

従業員50未満の企業の実施は努力義務となっておりますが、ITエンジニアの職場環境の改善につなげて、メンタルヘルス不調者が一人でも少なくって欲しいものです。

 

 

参考)

最大のストレス要因は対人関係よりも「仕事の負担」、同僚のサポートを得られず

  http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/040500078/040700001/?ml

 ITエンジニアが「高ストレス者」になる割合は平均の約2倍

  http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/040500078/040700002/?ml

 ストレスに弱いITエンジニア、ベテランほど感情が不安定に

  http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/040500078/040700003/?ml

IT業界初!ホワイトマーク取得(安全衛生優良企業認定)

デロイトトウシュトーマツリミテッド社によるミレニアル世代(1982年行以降に生まれた世代)の調査によると、ミレニアル世代の日本人の52%が「2020年までに離職を考えている」と答えているとの事。

 

ミレニアル世代は労働人口の大きなグループとなっており、この世代はこれより前の世代と比べ、価値観が大きく異なるといわれています。

 

ミレニアル世代が仕事を選ぶときのポイントとしては、「報酬」の影響が大きいものの、それ以外では、「ワークライフバランス」(21ポイント)、「仕事に意義を感じる」(12ポイント)、「柔軟な勤務体系」(11.1ポイント)です。

 

この度、IT業界から初めてホワイトマーク取得(安全衛生優良企業認定)を受けた企業が出ました。

 

秋田県にある株式会社フィデア情報システムズという会社です。

認定を受けた事例としては、社有車の安全配慮・家庭を考慮した勤務形態構築・連続及び短期休暇取得制度の構築となっています。

新卒採用活動での自社アピールとして、ホワイトマーク取得は効果的な制度といえるでしょう。

 

安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)

http://www.nari-sr.net/white-mark

 

 

参考)2016年デロイト ミレニアル年次調査

http://bizzine.jp/article/detail/1540

 

脳の若さを保つためには階段2階分上がるのが有効?!

(カフェグローブより引用)

最近「Neurobiology of Aging」に掲載されたカナダ・モントリオール、コンコルディア大学の研究によれば、脳の若さを保つのには勉学を長く続けることのほかに、階段を上がることも有効と分かりました。

研究対象となったのは、19歳から79歳、までの331人。MRIを使って測定したのは、通常、華麗により退化する大脳新皮質のボリュームです。

それによれば、学歴が1年多いと、脳もほぼ1年(0.95年)分、毎日階段2階分上がっていると、0.58歳分、脳が若く保てる、という結果が出ました。

でも実は「La Parisien」誌が指摘するように、2015年は、鉄アレイを週2回持ち上げる運動をするだけで女子の認知能力がアップするという結果を出していますし、キングス・カレッジ・ロンドンが10年がかりで行った研究も、歩行とランニングが脳を老化から守るという結論を出しています。

(ここまで)

IT業界では、PCに向かって作業することが多いと思いますが、健康増進の取り組みとして、数時間に1回、時間決めてストレッチしたりする、などの企業も増えてきました。

メンタルヘルスの観点からも、一定期間に体を動かしてりフッレッシュすることは大切です。国としても、従業員によるそうした取り組みは、後押しする方向になっていきそうです。

 

安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)

http://www.nari-sr.net/white-mark

 

 

参考)階段を2階分上がるだけで、脳の若さを保てると判明

http://www.cafeglobe.com/2016/04/053549aging.html

 

IT業界でキャリアアップする人がやっていること

IT業界の構造は発注元があり、元請けから二次請けや三次請けといった多重請負構造があります。メンタルヘルスの問題や過重労働問題にもつながりやすい構造ともいえます。そういったIT業界におけるシンプルなキャリアアップの例としてより上に行き、元請けを目指すというものがあります。つまり、脇役から主役になるということです。

実際は、誰もが主役になれるわけではありませんが、脇役で終わる人と主役で終わる人の違いは何でしょうか。

IT業界は他の業界と比べると比較的キャリアップがしやすい業界です。

普段の仕事で主役の人と接点を持つときに、その言動や振る舞いを覚えつつ「自分ならこうする」を少しずつ実践し、積み重ねていけばいいのです。脇役に徹しすぎた人との違いは、いざ任されたという時に動けるかどうかの差が影響してきます。

最近の外資系リサーチ企業の調査では、自分の「持ち味」を業務に活かしている人はわずか20%という結果でした。

自分の「持ち味」を活かすことは、普段の業務では難しいかもしれませんが、実は最強の方法だと思います。

まず自分の「持ち味」を発見して、「持ち味」を活かした「自分ならこうする」を発揮できるようにする事が最良の手段といえるでしょう。

自分の「持ち味」を見つけたい方はこちら↓

社員がイキイキし、働きたくなる会社づくりワークショップ(無料体験版)

http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

 

 

参考)プライムに行ける人と行けない人の違い

https://www.liber.co.jp/sp/knowhow/column/column742.html

マイナンバー制度が始まりました!!

2016年1月よりマイナンバー制度が開始となりました。企業側も管理責任を十分に理解した上で、従業員の方への通知や、マイナンバーの運用管理方法を検討していかなければいけません。
詳しくは、オフィシャルサイト「マイナンバー制度」ページをご覧ください。