スマートフォン版に切り替える

topics

在宅勤務制度導入の5つのポイント

IT業界では、在宅勤務制度の導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。

 

在宅勤務制度の導入において企業は、社員、企業それぞれの生産性、組織としての連携、快適な勤務環境を維持する方法や手段を見いだす必要があります。

161012

 

米マイクロソフトが、働き方の多様化を踏まえた今後の業務環境を考える上で重要となる、在宅勤務を成功に導くための、以下の「簡単な5つのヒント」を紹介しました。

 

1.インスタントメッセージング(IM)ツールを利用できる環境を整える

2.高速モバイル通信を利用できる環境を整える

3.メリハリをつけて時間を使うようにする工夫を設ける

4.定期的に顔を合わせる機会を持つ

5.会社のソフトウェア資産を有効に活用する

 

在宅勤務制度は、社員にとっては「柔軟な勤務時間」や「ワークライフバランス改善」などのメリットが、企業にとっては「コスト抑制」や「雇用可能な人材の拡大」などのメリットがあるとされています。

 

政府が推進する「働き方改革」においても取り上げられており、在宅勤務制度の導入をサポートする助成金もあります。

 

最新版!雇用に関する助成金セミナーのご案内(無料)

http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160531

 

 

参考)「在宅勤務」の効果を上げる、5つの簡単なポイント

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1610/11/news065.html