スマートフォン版に切り替える

topics

コロナが収束した場合、約8割がオフィスへ回帰の予測

デル・テクノロジーズ社は、2021年8月に全国の中小企業の経営者および会社員1,110人に対して実施したテレワークおよびニューノーマルの働き方に関する意識調査の結果の後編を発表しています。

これによると、コロナが収束に向かった場合、全体の8割超が出社/オフィスワーク主流の働き方への回帰を予測し、同じようにそうなる働き方を希望している人が8割いることがわかりました。

その一方で、「フレックス勤務」「時短」「週3~4日勤務」「サテライトオフィス勤務」「ワーケーション」「副業」といった働き方の多様性について求めており、ニューノーマル時代におけるIT関連機器の投資予定について尋ねたところ、「パソコンの手配」の回答がトップで36.4%を占め、「ネットワークやセキュリティの再設計/構築」が29.6%、「データのバックアップ/災害対策などのBCP対策」が22.4%という結果になります。

同社は、今回の調査結果から、現状および今後の予測の両方において、中小企業におけるテレワークの導入/実施状況はあまり進展していないことが浮き彫りとなった一方で、ニューノーマル時代の新しい働き方を期待する一定層もいることが明らかになったと分析しています。

 22139560_s

約8割超がオフィスワーク主流の働き方へ回帰しつつ、人材確保のためにも、在宅勤務などの働き方は多様化していくように想定されます。

ワクチン2回目接種が人口の5割を超えてきましたので、今後の自社の働き方をしっかりと定めることも必要かもしれません。

弊社オフィシャルサイト

テレワークにも欠かせない人事評価の仕組みづくりセミナー

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

テレワーク、気の使いすぎが原因でコミュニケーションに課題

スタッフサービス・ホールディングス社は、社会人歴3年以内の若手社員と先輩社員に分けて、テレワークでのコミュニケーションの意識を調査の結果を発表しています。

 若手社員の悩みは、「ちょっとした相談ができない」(56%)が最も多く、順に「話しかけたり、教えてもらうタイミングがわからない」(41%)、「上司や先輩がどう思っているか分かりづらい」(38%)と、悩みの上位はコミュニケーションが目立つ結果となります。

先輩社員に聞いた「テレワークで部下や後輩の教育や指導する時に困っていること」については、「一方通行のコミュニケーションになっていないか不安」(32%)が最も多く、順に「部下や後輩のスキルが身に付かないのではないかと不安」(29%)、「教えたり、指導するタイミングが分からない」(23%)、「『聞いてくれればいいのに』ということがよくある」(20%)が上位となっていることから、コミュニケーションの取り方や気遣いにギャップがあると指摘しています。

若手社員の先輩社員に対するコミュニケーションの工夫については、「用件をまとめて質問する」(51%)が最も多く、順に「スケジュール表を事前に確認して話しかける」(42%)、「メールやチャットを投げて、返信が来るのを待つ」(39%)と、効率よく上司や先輩社員の都合に配慮しながら質問しようとする部下や後輩社員の姿勢がうかがえると同時に、配慮が余計な作業やストレスを生んでいる可能性もあると同社は分析しています。

先輩社員の若手社員に対するコミュニケーションの工夫については、「自身のスケジュールを伝えている/公開している」(42%)、「打ち合わせの前後でコミュニケーションの場を設ける」(38%)、若手社員が相談しやすいような工夫のものが上位となり、「用件をまとめてもらっている」(26%)と若手社員からのアクションに委ねている回答も挙げられています。

 4964952_s

若手社員からリモハラと言われることを恐れて、うまく教育や指導ができない先輩社員もいるかもしれません。ハラスメントの知識を正しく身に着けることで、コミュニケーションロスが改善すれるケースもあります。

弊社オフィシャルサイト

研修プログラム>ハラスメント

https://www.nari-sr.net/business/training/harassment

IT企業向け 派遣労働者の同一労働同一賃金 令和4年版と比較

8月6日、一般労働者の賃金水準(令和4年度適用)が公表されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386_00001.html

 

IT業界で比較対象として多かった職種について、令和4年度適用版と比較してみました。令和4年版の方が、金額が高くなっている一般賃金は、太字にしております。

令和4年度版の方が、全体的に上がっています。

なお、賃金構造基本統計では職種区分が変更になっておりますので、単純な比較にはなっていません。

 

賃金構造基本統計調査

令和4年版

基準値に能力・経験調整指数を乗じた値

0年

1年

2年

3年

5年

10年

20年

1101 システムコンサルタント・設計者

1,618

1,849

2,005

2,084

2,176

2,445

3,052

1104 ソフトウェア作成者

1,303

1,489

1,614

1,678

1,753

1,969

2,457

1311 事務用機器捜査員

1,200

1,372

1,487

1,546

1,614

1,813

2,263

 

令和3年版

基準値に能力・経験調整指数を乗じた値

0年

1年

2年

3年

5年

10年

20年

206システム・エンジニア

1,526

1,782

1,914

1,976

2,088

2,402

3,003

207プログラマー

1,253

1,464

1,571

1,623

1,714

1,972

2,466

303電子計算オペレーター

1,033

1,207

1,295

1,338

1,413

1,626

2,033

 

職業安定業務統計

令和4年版

基準値に能力・経験調整指数を乗じた値

0年

1年

2年

3年

5年

10年

20年

101システムコンサルタント

1,367

1,562

1,694

1,761

1,839

2,066

2,578

102システム設計技術者

1,359

1,553

1,684

1,750

1,828

2,053

2,563

103プロジェクトマネージャー

1,687

1,928

2,090

2,173

2,269

2,549

3,182

104ソフトウェア開発技術者

1,342

1,534

1,663

1,728

1,805

2,028

2,531

105システム運用管理者

1,273

1,455

1,577

1,640

1,712

1,924

2,401

106通信ネットワーク技術者

1,313

1,501

1,627

1,691

1,766

1,984

2,476

109その他の情報処理技術者等

1,294

1,479

1,603

1,667

1,740

1,955

2,440

 

令和3年版

基準値に能力・経験調整指数を乗じた値

0年

1年

2年

3年

5年

10年

20年

101システムコンサルタント

1,301

1,520

1,631

1,685

1,780

2,048

2,560

102システム設計技術者

1,343

1,569

1,684

1,739

1,837

2,114

2,643

103プロジェクトマネージャー

1,612

1,883

2,021

2,088

2,205

2,537

3,172

104ソフトウェア開発技術者

1,308

1,528

1,640

1,694

1,789

2,059

2,574

105システム運用管理者

1,255

1,466

1,574

1,625

1,717

1,975

2,470

106通信ネットワーク技術者

1,286

1,502

1,613

1,665

1,759

2,024

2,531

109その他の情報処理技術者等

1,260

1,472

1,580

1,632

1,724

1,983

2,480

 

また、東京の地域係数は、令和3年度の「114.5」から、令和3年度は「114.3」に下がっています。

 1772649

 

同一労働同一賃金の概要および対応手順

https://www.it-jinji.net/200915/

 

令和3年版と比較はこちら

https://www.it-jinji.net/201028/

IT系職種の都道府県別の年収比較

前回、情報通信業の都道府県別の年収比較を掲載いたしました。

今回は、IT系職種の年収比較を掲載いたします。

令和2年度賃金構造基本統計調査の「(所定内給与額×12か月)+年間賞与額」から「システムコンサルタント・設計者」と「ソフトウエア作成者」の年収を東京を1.00とした基準で都道府県別に比較してみました。

 

東京都のカウントされている人数は「システムコンサルタント・設計者」が107,260人、「ソフトウエア作成者」が247,480人と、東京都以外が数百人・数千人に対して圧倒的に分母は大きいのですが、いわゆるプログラマーにあたる「ソフトウエア作成者」よりも、SEにあたる「システムコンサルタント・設計者」の方が東京都の係数より大きいエリアが多いことがわかります。

リモートワークが浸透しましたので、東京都以外のIT企業が育てた上流エンジニアが、リモートワークでも勤務可能な東京都の人気のあるIT企業に引き抜かれる可能性や、地方に永住したい上流エンジニアが東京都から東京都以外の企業に転職される可能性も高いとも考えられます。

 

システムコンサルタント・設計者

ソフトウェア作成者

きまって
支給す
る現金
給与額

所定内
給与額

年間賞与その他特別給与額

年収

東京基準
年収係数

きまって
支給す
る現金
給与額

所定内
給与額

年間賞与その他特別給与額

年収

東京基準
年収係数

全国

440.4

404.6

1615.2

6,900.0

1.02

全国

346.9

320.9

956.2

5,119.0

0.97

01北海道

475.0

413.8

2024.0

7,724.0

1.14

01北海道

322.6

298.5

1016.6

4,887.8

0.93

02青森

261.2

261.2

218.7

3,353.1

0.50

02青森

294.4

282.5

738.6

4,271.4

0.81

03岩手

273.8

264.7

1349.7

4,635.3

0.68

03岩手

297.0

274.0

736.5

4,300.5

0.82

04宮城

399.7

374.7

1962.5

6,758.9

1.00

04宮城

307.2

285.3

861.1

4,547.5

0.86

05秋田

382.2

369.2

1279.9

5,866.3

0.87

05秋田

289.2

272.6

693.5

4,163.9

0.79

06山形

334.2

300.7

996.3

5,006.7

0.74

06山形

296.9

274.8

812.8

4,375.6

0.83

07福島

335.8

296.8

990.8

5,020.4

0.74

07福島

292.7

265.7

870.3

4,382.7

0.83

08茨城

495.7

475.1

1523.1

7,471.5

1.10

08茨城

310.5

275.1

875.7

4,601.7

0.87

09栃木

423.9

394.1

1324.3

6,411.1

0.95

09栃木

357.3

329.0

1239.4

5,527.0

1.05

10群馬

409.6

373.2

1787.0

6,702.2

0.99

10群馬

296.0

279.5

953.6

4,505.6

0.86

11埼玉

421.0

390.2

1613.7

6,665.7

0.98

11埼玉

341.3

310.5

1108.3

5,203.9

0.99

12千葉

473.3

384.4

1599.7

7,279.3

1.07

12千葉

363.5

333.7

944.7

5,306.7

1.01

13東京

449.8

411.8

1375.0

6,772.6

1.00

13東京

358.6

330.8

966.1

5,269.3

1.00

14神奈川

567.8

542.1

3702.3

10,515.9

1.55

14神奈川

367.8

338.6

1148.0

5,561.6

1.06

15新潟

301.9

281.6

885.8

4,508.6

0.67

15新潟

286.2

268.6

592.2

4,026.6

0.76

16富山

388.9

362.5

1606.6

6,273.4

0.93

16富山

294.7

260.6

837.6

4,374.0

0.83

17石川

360.2

337.8

1074.1

5,396.5

0.80

17石川

321.4

288.4

970.6

4,827.4

0.92

18福井

377.4

360.6

622.6

5,151.4

0.76

18福井

326.0

305.6

937.0

4,849.0

0.92

19山梨

490.9

344.5

2797.3

8,688.1

1.28

19山梨

330.9

312.8

1276.7

5,247.5

1.00

20長野

387.2

322.7

1327.9

5,974.3

0.88

20長野

328.6

306.6

1404.0

5,347.2

1.01

21岐阜

401.2

400.4

840.2

5,654.6

0.83

21岐阜

326.0

289.8

939.5

4,851.5

0.92

22静岡

392.3

344.4

1373.8

6,081.4

0.90

22静岡

317.4

299.2

913.7

4,722.5

0.90

23愛知

470.9

402.0

1951.7

7,602.5

1.12

23愛知

340.2

318.5

922.4

5,004.8

0.95

24三重

-

-

-

-

-

24三重

353.6

323.0

1061.7

5,304.9

1.01

25滋賀

481.8

393.8

1599.0

7,380.6

1.09

25滋賀

367.9

337.2

1516.9

5,931.7

1.13

26京都

408.9

368.2

2157.1

7,063.9

1.04

26京都

345.4

321.5

1180.5

5,325.3

1.01

27大阪

379.5

344.7

1434.7

5,988.7

0.88

27大阪

333.5

315.8

794.5

4,796.5

0.91

28兵庫

372.9

341.7

1254.9

5,729.7

0.85

28兵庫

360.4

334.7

860.6

5,185.4

0.98

29奈良

501.3

413.8

1793.5

7,809.1

1.15

29奈良

331.9

314.5

878.9

4,861.7

0.92

30和歌山

346.1

316.5

1505.6

5,658.8

0.84

30和歌山

323.5

282.3

899.4

4,781.4

0.91

31鳥取

341.7

310.8

1281.2

5,381.6

0.79

31鳥取

289.8

278.6

778.1

4,255.7

0.81

32島根

329.2

311.3

1241.3

5,191.7

0.77

32島根

281.7

269.8

1042.2

4,422.6

0.84

33岡山

401.6

373.5

1006.1

5,825.3

0.86

33岡山

258.1

235.9

626.3

3,723.5

0.71

34広島

495.6

439.4

1705.9

7,653.1

1.13

34広島

351.4

316.2

858.4

5,075.2

0.96

35山口

412.8

380.9

1483.1

6,436.7

0.95

35山口

334.6

304.9

1327.4

5,342.6

1.01

36徳島

412.8

395.6

547.3

5,500.9

0.81

36徳島

314.9

296.9

1050.9

4,829.7

0.92

37香川

415.8

341.1

1316.3

6,305.9

0.93

37香川

299.4

282.5

421.3

4,014.1

0.76

38愛媛

277.6

277.6

1018.9

4,350.1

0.64

38愛媛

344.5

309.6

875.0

5,009.0

0.95

39高知

342.5

342.5

1317.7

5,427.7

0.80

39高知

274.6

253.1

923.4

4,218.6

0.80

40福岡

412.5

397.5

958.2

5,908.2

0.87

40福岡

348.6

322.2

970.2

5,153.4

0.98

41佐賀

258.8

241.0

679.7

3,785.3

0.56

41佐賀

288.0

264.7

1017.3

4,473.3

0.85

42長崎

318.0

282.2

1261.7

5,077.7

0.75

42長崎

299.0

276.5

807.4

4,395.4

0.83

43熊本

375.2

320.6

837.6

5,340.0

0.79

43熊本

312.5

280.6

893.0

4,643.0

0.88

44大分

426.5

412.0

2344.1

7,462.1

1.10

44大分

292.5

277.9

583.2

4,093.2

0.78

45宮崎

305.3

296.8

694.0

4,357.6

0.64

45宮崎

253.0

238.8

525.3

3,561.3

0.68

46鹿児島

455.0

363.1

1429.6

6,889.6

1.02

46鹿児島

267.7

252.2

569.5

3,781.9

0.72

47沖縄

280.4

264.4

470.9

3,835.7

0.57

47沖縄

291.9

280.4

492.4

3,995.2

0.76

 

 

東京都のIT企業だけではなく、東京都以外のIT企業も待遇差に対する対策として、人事評価制度を見直してもいいのかもしれません。

弊社オフィシャルサイト

テレワークにも欠かせない人事評価の仕組みづくりセミナー

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

都道府県別の情報通信業の年収比較

ウォンテッドリー社の「コロナ禍における移住と働き方に関する調査」によれば、20%にあたる395名が、調査タイミングから3年以内に移住を経験しており、昨年同月比で4.1倍になることがわかしました。

移住した理由については、「テレワーク主体の働き方になり、家賃が高い都心に住む理由がなくなったため」(26%)が、最も多く挙げられています。

 

最近、東京都以外のIT企業から人事評価制度コンサルティングに関するお問い合わせが増えており、理由をお聞きすると、東京都以外のIT企業から、地方にそのまま住みながらテレワーカーとして、待遇の良い東京のIT企業に転職されてしまったという内容もお聞きします。

 

そこで過去3年度分の厚生労働省による賃金構造基本統計調査(企業規模計)の「(所定内給与額×12か月)+年間賞与額」から都道府県別の情報通信業の年収を東京を基準として比較してみました。東京都と神奈川県が高いことがわかります。

令和2年 (千円) 令和元年 (千円) 平成30年 (千円)
都道府県 G 情報通信業 G 情報通信業 G 情報通信業
所定内
給与額
年 間
賞与額
年収 東京基準
年収係数
所定内
給与額
年 間
賞与額
年収 東京基準
年収係数
所定内
給与額
年 間
賞与額
年収 東京基準
年収係数
 全  国  計 383.0 1302.1 5898.1 0.93 375.0 1276.9 5776.9 0.95 377.5 1259.5 5789.5 0.92
01 北海道 330.3 1187.6 5151.2 0.81 329.0 987.7 4935.7 0.81 351.6 1215.1 5434.3 0.86
02 青 森 307.2 934.9 4621.3 0.73 311.9 1216.4 4959.2 0.82 290.0 924.8 4404.8 0.70
03 岩 手 299.8 767.7 4365.3 0.69 306.2 963.4 4637.8 0.76 291.8 1017.5 4519.1 0.72
04 宮 城 335.1 1454.9 5476.1 0.87 373.2 1505.3 5983.7 0.98 369.5 1286.7 5720.7 0.91
05 秋 田 312.8 1008.4 4762.0 0.75 293.8 994.0 4519.6 0.74 341.9 1245.5 5348.3 0.85
06 山 形 300.7 992.2 4600.6 0.73 286.9 897.7 4340.5 0.71 313.0 976.6 4732.6 0.75
07 福 島 317.6 1088.7 4899.9 0.77 306.4 942.2 4619.0 0.76 301.2 924.9 4539.3 0.72
08 茨 城 274.8 819.2 4116.8 0.65 307.2 1009.9 4696.3 0.77 287.3 1086.9 4534.5 0.72
09 栃 木 324.1 1244.0 5133.2 0.81 371.1 1533.2 5986.4 0.99 344.1 1185.9 5315.1 0.84
10 群 馬 321.2 1170.2 5024.6 0.79 323.5 1125.2 5007.2 0.82 315.3 1008.9 4792.5 0.76
11 埼 玉 332.5 1161.7 5151.7 0.81 333.5 1117.8 5119.8 0.84 315.7 850.4 4638.8 0.74
12 千 葉 332.4 829.3 4818.1 0.76 344.2 463.9 4594.3 0.76 370.5 1213.1 5659.1 0.90
13 東 京 412.9 1367.7 6322.5 1.00   398.0 1299.2 6075.2 1.00   410.9 1366.7 6297.5 1.00
14 神奈川 396.7 1887.1 6647.5 1.05 398.9 1582.6 6369.4 1.05   377.4 1408.6 5937.4 0.94
15 新 潟 300.2 858.2 4460.6 0.71 301.1 908.2 4521.4 0.74 305.0 858.7 4518.7 0.72
16 富 山 313.0 1078.1 4834.1 0.76 318.9 1254.7 5081.5 0.84 342.5 1255.6 5365.6 0.85
17 石 川 339.2 1199.0 5269.4 0.83 331.2 1233.6 5208.0 0.86 327.1 1128.2 5053.4 0.80
18 福 井 335.8 1033.6 5063.2 0.80 366.5 1340.4 5738.4 0.94 290.4 965.4 4450.2 0.71
19 山 梨 310.5 1204.0 4930.0 0.78 315.4 874.9 4659.7 0.77 318.3 1057.8 4877.4 0.77
20 長 野 328.3 1324.9 5264.5 0.83 341.6 1224.7 5323.9 0.88 331.2 1231.7 5206.1 0.83
21 岐 阜 320.6 1507.5 5354.7 0.85 320.4 1193.7 5038.5 0.83 314.9 996.8 4775.6 0.76
22 静 岡 314.2 1035.2 4805.6 0.76 361.0 1134.0 5466.0 0.90 351.6 1337.1 5556.3 0.88
23 愛 知 358.5 1286.6 5588.6 0.88 379.6 1709.8 6265.0 1.03 351.5 1427.1 5645.1 0.90
24 三 重 301.8 899.2 4520.8 0.72 322.7 1195.3 5067.7 0.83 304.2 916.0 4566.4 0.73
25 滋 賀 378.6 1142.6 5685.8 0.90 320.8 977.6 4827.2 0.79 314.8 1020.8 4798.4 0.76
26 京 都 338.9 1027.7 5094.5 0.81 353.2 1265.9 5504.3 0.91 313.7 936.9 4701.3 0.75
27 大 阪 353.9 1081.5 5328.3 0.84 364.2 1189.5 5559.9 0.92 359.2 947.9 5258.3 0.83
28 兵 庫 352.8 1046.8 5280.4 0.84 340.9 1295.7 5386.5 0.89 361.6 1350.7 5689.9 0.90
29 奈 良 343.6 913.9 5037.1 0.80 348.1 997.2 5174.4 0.85 350.0 901.9 5101.9 0.81
30 和歌山 324.2 816.2 4706.6 0.74 343.2 948.7 5067.1 0.83 303.8 919.3 4564.9 0.72
31 鳥 取 259.3 736.5 3848.1 0.61 266.8 874.7 4076.3 0.67 290.2 956.7 4439.1 0.70
32 島 根 268.5 1000.9 4222.9 0.67 269.7 891.0 4127.4 0.68 269.4 819.7 4052.5 0.64
33 岡 山 312.6 1059.2 4810.4 0.76 316.6 1029.4 4828.6 0.79 303.8 927.3 4572.9 0.73
34 広 島 366.3 1378.1 5773.7 0.91 350.8 1128.7 5338.3 0.88 349.9 1329.4 5528.2 0.88
35 山 口 343.7 1222.1 5346.5 0.85 308.3 1103.9 4803.5 0.79 285.0 841.1 4261.1 0.68
36 徳 島 336.9 1174.3 5217.1 0.83 313.4 1055.0 4815.8 0.79 348.9 1318.6 5505.4 0.87
37 香 川 365.5 1080.3 5466.3 0.86 351.1 1242.4 5455.6 0.90 359.5 1285.3 5599.3 0.89
38 愛 媛 360.0 982.7 5302.7 0.84 340.3 958.0 5041.6 0.83 331.7 957.8 4938.2 0.78
39 高 知 312.8 1046.7 4800.3 0.76 310.9 964.0 4694.8 0.77 313.9 1044.9 4811.7 0.76
40 福 岡 352.5 1012.7 5242.7 0.83 323.9 1131.8 5018.6 0.83 329.1 1092.9 5042.1 0.80
41 佐 賀 285.9 997.7 4428.5 0.70 302.6 1071.9 4703.1 0.77 265.8 1006.9 4196.5 0.67
42 長 崎 299.0 880.7 4468.7 0.71 289.0 967.0 4435.0 0.73 302.5 984.0 4614.0 0.73
43 熊 本 301.6 843.8 4463.0 0.71 320.4 1069.3 4914.1 0.81 338.1 956.2 5013.4 0.80
44 大 分 315.6 1084.1 4871.3 0.77 331.8 1248.2 5229.8 0.86 311.1 952.9 4686.1 0.74
45 宮 崎 269.9 641.8 3880.6 0.61 285.7 842.2 4270.6 0.70 271.1 697.7 3950.9 0.63
46 鹿児島 336.2 975.3 5009.7 0.79 346.7 1169.8 5330.2 0.88 324.5 988.8 4882.8 0.78
47 沖 縄 255.3 466.6 3530.2 0.56 256.7 465.0 3545.4 0.58 253.1 527.7 3564.9 0.57

IT業界はテレワークの浸透により、所在地のハードルが低くなっていると思料されます。IT業界は、エンゲージメントを測定する要素の一つである「愛着精神・誇り」が他の業界よりも低い傾向にありますので、待遇面だけで比較されると、他社に魅力を感じるエンジニアも多くなってくるのかもしれません。

人事評価制度を導入・見直しと合わせて、魅力的な会社づくりの施策は検討してもいいのかもしれません。

弊社オフィシャルサイト

テレワークにも欠かせない人事評価の仕組みづくりセミナー

https://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03