スマートフォン版に切り替える

topics

働き方改革の鍵は「コミュニケーション」

前回も取り上げました、デロイトトーマツコンサルティングが実施した「働き方改革」に関する調査によると、経営層と社員のコミュニケーション不足が、社員の満足度向上に繋がる要因のひとつであると分析しています。

 

ただ単に労働時間を短くして、時間あたりの生産性を無理やり上げようとする取り組みなどは、利益確保のみ目的としていると社員に受け止められてしまい、理解を得られない傾向にあるようです。

 

これからの働き方改革は、根本の業務内容を見直して、働く人の負担を本質的に減らす取り組みをしつつ、どのような目的で働き方改革に取り組むのか社員にきちんと伝えることが『鍵』となりそうです。

 

 

 

社員の健康や、ワークライフバランスに配慮していることを明確に伝えるためにも、社員教育や福利厚生の改革を支援する雇用関係の助成金やノウハウを活用してはいかがでしょうか。

 

社員が働きたくなる会社づくりセミナー

http://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

 

参考)働き方改革は「休み方改革」、福利厚生の充実が重要だ

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20752030U7A900C1TJ2000/

 

参考)働き方改革、不満足4割:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20752030U7A900C1TJ2000/

参考) 『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20170905.html