スマートフォン版に切り替える

Company making consulting that wants to work

「働きやすい会社」ではなく、「働きたくなる会社」づくりを目的としたコンサルティングです。

このような課題・お悩みがある企業様

  • チャレンジ精神がなく、言われたことしかやらない
  • 社員同士のコミュニケーションがぎこちなく、部門間の連携が上手くいってない
  • なれ合いが目立ち、目標達成しようと雰囲気がない
  • せっかく採用しても、すぐに辞めてしまう

人材市場は「売り手市場」から「買い手市場」に完全にシフトしたと言われています。
これからは社員がこの会社で働きたいと思える会社でないとなかなか人は集まってきません。

社員がなかなか採用できない、採用しても受身型で、すぐに辞めてしまう。
これらは、人間関係や会社の明確でない方向性に起因することがほとんどです。

「働きやすい会社」のよく挙げられる例
評価制度が明確、残業が少ない、パワハラやセクハラがない、福利厚生がしっかりしている、風通しが良い、新人をそだてようという雰囲気があるなど

「働きたくなる会社」のよく挙げられる例
経営ビジョンが明確、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできる、コミュニケーションが蜜で一体感がある、歴史や伝統がある、周囲に優秀な人材が多く異劇的である、多くの人を巻き込んで行う仕事の割合が多い

「働きたくなる会社づくり」は「働きやすい会社」よりも目に見えにくく、時間がかかるかもしれません。
無理やり変えようとすると、やらされ感、がどうしても出てしまいます。
一度出来上がった風土を活性化するのは簡単なことではありません。
しかし、労働力人口の減少は待ってくれません。
「働きたくなる会社」という土台から作ることが重要です。
「働きたくなる会社づくり」には、経営層が方針や理念をしっかりと示し、上司と部下がお互いの良いところを伸ばし、行動したことを認めることが効果的です。

経営層と社員がお互いに協力しあって関係性の質を上げると、同僚や部門同士の連携も良くなっていきます。
人間関係の改善から社員の思考や行動も変わってきます。
会社に対する誇りや愛社精神を持つようになり、自分の仕事にやりがいをもち、組織に一体感が生まれ、社員一人ひとりが主体的になり、職場がイキイキしていきます。
生産性が向上し、離職率の低下や営業利益の向上も期待できます。

コンサルティングの導入

現状の「課題」と、現状の「いいところ」が把握できても
どこから着手していけばいいかわからないケースも多いことから
課題解決のアクションを分析する必要があります。

  1. ビジョン・目指す姿の作成
    まずは、ビジョン・目指す姿を経営層で固めていきます
  2. 課題分析
    社員意識調査(すまいるサーベイ)や、面談による社員ヒアリングにより、本質的な課題がどこにあるのか分析します
  3. アクションプランの設計
    ビジョン・目指す姿と、分析による本質的な課題からギャップを埋めるために最適なアクションと優先順位を決めていきます

コンサルティングプランの例

1ヶ月目 状況・課題分析、方向性の明確化

「経営層ヒアリング等による状況・課題の分析」

  1. 経営層ヒアリング等による課題抽出
  2. 現行の人事制度・賃金テーブル・諸規定等の分析

「企業理念や経営方針、ビジョンの明確化」

  1. 会社の社員に対する基本的な考え方の明確化
  2. 経営理念・ビジョン・目指す姿の策定(現状とのギャップ)

2-3ヶ月目 現状分析

「現状分析の実施」

  1. 社員ヒアリングの準備(ヒアリング方法・対象者・内容設計、社員への説明)
  2. 社員ヒアリングの実施(抽出結果の分析)
  3. 課題整理・経営層への報告
  4. 今後の実施施策の検討

4ヶ月目 施策の設計

「課題ごとのアクションの設計」

  1. 制度面の課題の場合 → 人事評価制度の策定
  2. 風土面の課題の場合 → カードを使用したワークショップの設計(管理職・リーダー育成・コミュニケーション研修など)

4-6ヶ月目 導入、運用支援

「課題ごとのアクションの実施」

  1. 制度面の課題の場合 → 人事評価制度の策定
  2. 風土面の課題の場合 → ワークショップの実施、プロジェクトチームの立ち上げ

「課題ごとのアクションのフォロー」

  1. 制度面の課題の場合 → 運用面のフォロー、考課者研修
  2. 風土面の課題の場合 → プロジェクトチームのフォロー

総括

「総括、成果の確認」

料金について

※業務内容・ご依頼などにより料金は異なります。
詳細はお問い合わせください。