スマートフォン版に切り替える

voice

株式会社タイミー 様

「タイミー(Timee)」の開発における
ITとクラウドにも強い労務のアドバイザー

https://timee.co.jp
株式会社タイミー 執行役員コーポレート本部長 石橋 孝宜 様
コンテンツ

― 貴社の理念や事業についてお教えください。

一人一人の時間をより豊かにするというビジョンのもと、面接応募なしで直感的な操作で利用できるワークシェアリングサービスとしてタイミー( Timee)を作りました。ダブルワークやフリーランス等働き方が自由になりつつあると同時に、日本では深刻な人手不足が問題となっています。 “時間”と“テクノロジー”を軸に、まずは働き方の多様化の促進と人手不足の解決を目指しています。

― 社会保険労務士にお願いしようと思ったきっかけ

創業の時期から、弁護士からご紹介いただいた社労士に顧問契約を依頼していました。しかし、タイミーの開発を進めていく中で、開発の上で必要な労務周りのご相談をできる、IT・テクノロジーに強い社労士を探しておりました。また、バックオフィス業務関係のクラウドサービスの構築についてもご相談をしたいと考えていました。

― 社会保険労務士が多くいる中で、なぜ「社会保険労務士法人スマイング」を選んで頂けたのでしょうか?

お付き合いのあるベンダーさんに、 タイミーの開発における労務周りやクラウドサービス構築に関する相談をできる社労士はいないかと相談したら、スマイングさんをご紹介いただきました。依頼内容が特殊とは思いましたが、初回の打ち合わせの段階で、このような相談ができると確信を持てたので、スマイングさんへの依頼を決めました。

― 社会保険労務士法人スマイングとは、実際どのようなことでお付き合いしていますか?

当初よりお願いしようとしていたタイミーの開発における労務周りの相談をお願いしています。タイミーはサービスの性質上、開発にあたり労務周りの課題が出てきます。具体的には、日雇い用の就業規則の相談、賃金台帳等の相談や、専門家として意見書をいただくケースもあります。他社クラウドサービスの選定においては、クラウドサービスの機能面の比較だけではなく、APIの連携はどのサービスとどのサービスが連携できているか等の相談もしました。クラウドサービスは単体サービスの機能の比較だけではなく、API連携や価格等を総合的に見ていく必要があります。このような部分まで相談できるため、助かっております。

― 社会保険労務士法人スマイングと契約して良かったことは何でしょうか?

ITベンチャーはスピードが命なので、インタラクティブかつスピーディーな動きは不可欠です。この点においても、日々のコミュニケーションはメールではなく、社内で使用しているチャットツールに対応いただき、助かっております。チャットツールの方が、インタラクティブにコミュニケーションができるので、ここもスマイングさんと契約して良かったことのひとつです。

― 社会保険労務士法人スマイングについて、現在の印象をお教えください。

タイミーをより良いサービスにしていく上でも、スマイングさんには労務の専門家として的確な意見をいただけるので、安心感があります。

― 最後に、ホームページをご覧の方に一言お願い致します。

労務やクラウドサービスに関しての相談は、より専門性の高い外部に相談した方が経営効率が良いです。また、バックオフィスのクラウドサービスの構築は、創業時から取り組んだ方が良いです。大きくなった後だとスイッチングコストが大きくなってしまいます。この意味で、アーリーステージの企業にもスマイングさんはおすすめです。